電気アーク炉

電気アーク炉用耐火物

電気炉用耐火物各種取り揃えております

電気アーク炉の炉体は、製鋼反応容器であるティーポットの形をしています。炉体は、炉体と炉蓋(炉頂)で構成されています。炉体の外殻は鋼板でできており、内側は炉内張りです。炉壁は、マグネシアれんが (MgO) またはクロムマグネシアれんが (Cr2O3、MgO) で構築されています。炉の底はたらいの形をしており、粘土レンガやマグネシアレンガの上にマグネシアが燃えている(遊んでいる)層があります。酸性炉のライニングは、石英レンガ (SiO2) と石英砂で構築されています。強度、耐高温性、断熱性などの基本的な要件に加えて、炉ライニングの耐火材料には、スラグの化学的侵食、炉内温度の急激な変化の繰り返しによる熱衝撃、および装入ブロックと運転中の機械の衝突に耐えることも必要です。

高アルミナ質レンガ, マグネシアれんが, マグネシアカーボンブリック